活動実績

村おこしNPO法人ECOFFの活動実績を公開しています

私たちは、この活動を続けていきます。

2015年度 活動実績

ボランティア参加者数

ボランティア実施回数

ボランティア実施地域数

詳細は特設ページでご覧ください

2014年度 活動実績

ボランティア参加者数

ボランティア実施回数

ボランティア実施地域数

2013年度 活動実績

ボランティア参加者数

ボランティア実施回数

ボランティア実施地域数

2013年度には、ECOFFのメイン事業である「村おこしボランティア」のプログラムの参加者と、ひのき商品の売上が爆発的に増加した1年となりました。

離島に1ヶ月滞在して村おこしボランティア参加者のサポートをする「島インターン」は、夏と春に実施し、合計で9名の学生が島インターンとして現場で活躍しました。

さらに活動範囲を国内だけでなく、海外にも広げるため台湾にECOFFの支部を2013年10月より暫定的に設け、農林水産省や複数の大学を訪れ、台湾でのボランティアの可能性を探りました。

残念ながら、2013年度の間には台湾での活動は実現できませんでしたが、宝島での村おこしボランティアに台湾人女性が1名参加するなど少なからず成果をあげることができました。

また、収支としては初めて黒字化し、常勤スタッフを1名雇用することができた貴重な年となりました。

2012年度 活動実績

ボランティア参加者数

ボランティア実施回数

ボランティア実施地域数

2012年度には、ECOFFのメイン事業である「村おこしボランティア」のプログラムが、現地受け入れ農家さんにとって恒例の行事になってきました。

そのため、より多くの都市部の学生に離島に行ってもらうために、月に1回のペースで、環境やボランティアに関するイベントに出展しました。

また、村おこしボランティアの他、初の試みとして「島インターン」を実施しました。

なお、村おこしボランティアは、全国5カ所、計17回実施し、参加者の総数は46名(男性17名/女性29名)でした。

村おこしボランティアの期間を短くした「大人の島ながれ」は、全国4カ所で9回実施し、参加者の総数は12名(男性4名/女性8名)でした。

ボランティア参加者の総数は、58名(男性21名/女性37名)となりました。例年、男性より女性の方が参加者の多い傾向にあることが分かります。

一方で、ボランティア事業を支えるためのオンラインショップ「えこふ市場」にテコ入れをし、年度後半にはオンラインショップによる収益によりECOFFの自立運営が現実化しました。

それに伴い、東日本橋にあるコワーキングスペース「co-tsubu」をサテライトオフィスとして2月から使用し始めました。

これにより、ボランティア参加者の都合に合わせ説明会を実施できるようになり、昨年より多くの方に説明会に来ていただけることとなりました。

助成金だけに頼らない、自立したNPO法人に成長するための基盤が築けた重要な年度だと言えます。

2011年度活動実績

ボランティア参加者数

ボランティア実施回数

ボランティア実施地域数

宝島

村おこしボランティア
参加者数14
  • 9月2日〜11日 6名(男性4/女性2)
  • 2月15日〜25日 5名(男性3/女性2)
  • 3月16日〜26日 3名(男性2/女性1)

屋久島

村おこしボランティア
参加者数15
  • 2月20日〜29日 8名(男性4/女性4)
  • 3月5日〜14日 7名(男性2/女性5)

四万十川

村おこしボランティア
参加者数10
  • 2月24日〜3月4日 4名(男性2/女性2)
  • 3月9日〜18日 6名(男性3/女性3)

2011年度は、昨年度のモニタープログラムを踏まえ、
より多くの地域と機関で同様のプログラムを企画・実施しました。

村おこしボランティアは、夏と春に全国5カ所、計13回実施し、
参加者の総数は62名(男性27名/女性35名)でした。

また、村おこしボランティアの他、オーダーメイドでプログラムを準備する
新プログラム「大人の島ながれ」のモニターを実施しました。

2011年度夏期の報告書(PDF)はコチラからご覧になれます。
ブログ記事もあわせてご覧ください。

2010年度活動実績

2011年3月4日から12日までの期間、
トカラ列島の中之島で最初のモニタープログラムを実施しました。

報告書(PDF)はコチラからご覧になれます。
ブログ記事もあわせてご覧ください。