ボランティア参加者

自然いっぱい屋久島での石拾い

屋久島6日目です!今日はじゃがいも畑の石取りをしました。畑には大きいものから小さいものまでたくさんの石がありました…

農作業の大変さを実感!!

今日はいよいよ畑に行きました!!主な活動は、畑の整備作業です。収穫が終わった畑の支柱を片付けたり、草を刈ったりしま…

食べ物のありがたみを感じた1日

屋久島3日目です!そろそろ屋久島での生活も慣れてきました。今日は朝から野菜の直売所まで歩いて向かいました。道中では…

区長さんの倉庫はみんなの交流の場

夜は虫の鳴き声を聴きながらぐっすり寝て屋久島2日目です。朝ご飯に前回のECOFFの屋久島で活動した際に作られたタン…

K.T.さん(2021夏日程)

まず初めに、このコロナ禍で私たちを受け入れてくださり、本当にありがとうございました。ボランティアとして参加させていただきましたが、私たちが島の方に与えるよりも多くの経験や成長を得ることができ、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。今回の学びをいかして、これから過ごしていきます!
島にまた帰った時、ココカラが温かい場所になっていると嬉しいです。

K.T.さん(2021夏日程)

想像よりも遥かに多くの学びや体験を得る事ができ、このボランティアに参加してよかったと感じました。この島おこしボランティアは私たちが与えるだけではなく、島から多くのことを吸収できるボランティアだと思います。

K.T.さん(2021夏日程)

島おこしに行き、学ぶ事が多くありそれぞれに感じる事があると思います。一瞬一瞬を大切にして過ごしてほしいと思います。

M.K.さん(2021夏日程)

ものづくりが自分は好きであり、職人として生きることを決意できました。
また、性の多様性の理解をもっと広げる勇気をいただきました。

M.K.さん(2021夏日程)

男女分けや虐待のフラッシュバックなどでしばしば1人の時間を要することはありましたが、温かく見守ってくださりありがとうございました。もう一度人を信じる人になりたいと最後のスピーチで言いましたが、時間はかかってもそのミッションは達成できる気がします。また、初日のスピーチで話した通り、奥尻島で学んだことを今しんどい状況にある友人や仲間に伝え、生きる道の選択肢の幅を自分も含めて広げていこうと思います。
それでは、就活が落ち着いた頃にまた会いに行きます。

Y.S.さん(2021夏日程)

奥尻島での10日間は、人生の宝物になった。
画面をみているだけではわからない、人と繋がることで生まれる時間を島ではたくさん経験した。そのことは、心に宿ったことのないあたたかさや感情をもたらしてくれた。ボランティアをするためのプロジェクトだったはずが、たくさんの”give”を受ける体験だった。