ありがた迷惑を超えろ

今日は地方活性化における地方都市の現状と、抱える問題を直に認識することができました。

奥尻島の震災を経験され、現在は町の様々な会長を務めていらっしゃる方のお話を聞く機会をいただきました。地震発生時のお話だけでなく震災後の奥尻島の人手不足の現状やコミュニティ形成の難しさなどを伺いました。

中でも印象に残ったことが、震災後の義援金によって作られた様々な設備が実際にうまく活用されておらず、維持費等かえって負担になっている場合もあるということです。

これはボランティアとして活動する際に決して抜け漏れてはいけない一方で、見えづらい点だと考えました。

「ありがた迷惑」

とても世知辛い言葉だと思っています。私自身とても身に覚えがある言葉だし、向き合わなければいけないと考えています。

完全にゼロにすることは難しいけれど、想像力を鍛え視野をより広げ、何かに貢献できる人材になりたいと思います。