種子島6日目。

今日は昨日、一昨日とは違う農家さんのところで作業です!

「しきみ」というよくお墓などにある葉を栽培している農家さんです。

これから新しく木を植えるため畑の準備を今日はしてきました。

初めて自分で野焼きをしたのですが煙がとてもすごく、とても目にしみたことが辛かったです。

いつも何気なく見てた野焼きも自分がいざやるとなると風向きを考えたり燃え残しを少なくできるように草を火の近くに持って行ったりとただ草に火をつければいいという問題ではないところに苦労しました…

外にいた時には気づかなかったのですが自分がかなり煙臭かったので改めてスモークされてたんだなーと感じています。

まっすぐ植えるために畑に何本も線を引いていくのですが、私は1往復しただけでヘロヘロで農家さんの日頃の苦労が身にしみました…

線を引くところはあと半分残っているので今日の経験を生かして無駄に体力を消費しないように線を引いていきたいです!

午後は収穫でした。

2メートルくらいありそうな木にハシゴをかけて登る姿は見ている私もドキドキしてしまうくらい危なくて長年の経験でできるものだなと思います。

作業の休憩時間に農家さんたちと会話する時間は疲れを忘れるほど楽しくて、私も少し種子島の方々に馴染めてきたのかなと嬉しく思いました。

作業に集中し、休憩で思いっきり楽しむ。

何においてもメリハリは大事ですね。