ECOFFブログ

ECOFFからの最新情報をお届け!

米農家の米は…う、美味い!

米農家の米は…う、美味い!

というわけで、5月21日から25日までの短い期間でしたが、青森県の米農家さんのお手伝いをしてきました。 実は私、農大卒なのですが、実習で専攻したのは顔に似合わず「花き(お花)」。しかも農学部ではなくて、国際農業開発学科という、どちらかというと海外ボランティア系の学科だったため、米作りのの現場はあまり知りませんでした。 しかし、ECOFFを始めて以来、3月の宝島訪問では「田んぼの畦ふみ(準備)」を、同じく3月の奄美大島訪問では「稲の種まき」を経験してまいりました。...

北茨城・米農家さんお手伝い【経過報告】

お手伝いもはや3日目です。何をブログに書こうか迷います。 田植えの作業の具体的なことも書けるけど、それよりもっと、感覚的なものを伝えたいと思うのです!それはやっぱりこっちに来てみなきゃわかならいことなんですね。 田んぼにいっぱい動物がいること田んぼの泥の感触稲の苗が抹茶味のカステラに見えてくること笑田植えといえども、意外といっぱいやることがあることご飯がおーいしいことおいしいこと!!おばあちゃんの話が面白いことなどなど(笑) でも1番思うのは、お米ってこうやって作られてるんだ。 なんだかほんとにありきたりな感想ですね。...

普通の観光ではできない体験を。

普通の観光ではできない体験を。

昨日、今日と青森県で2箇所の農家さんで田植えのお手伝いをしています。 今年は例年より寒かったため、田植えの時期が遅れているそうです。 正直、東北の言葉を早口で話されると、言葉を聞き取れないことがあって若干コミュニケーションに支障があったりしますが、そんな時は標準語にして説明してくださるので助かります(笑)。   東京ではしょっぱいはずのお赤飯が甘かったり、お稲荷さんがピンク色だったり、色々と文化の違いに触れることもできています。...

北茨城お手伝い初日

お手伝い初日 朝は5時に起床、朝食の前に一仕事、田んぼをまわって水の張り具合などいろいろ確認してからの朝ごはんです。 そこで一日の流れを決めていくのでしょう。 そこからは草刈り、田植え、除草剤撒きなどやることは一杯!太陽が沈む頃、19時まで作業です。 わたしはもうへとへと、午前中は走り回ってたくせに、午後になると暑さあいまって動きが鈍くなっているのが自分でもわかりました(笑) でも、一日が終われば達成感!あのぷしゅうという音で♪くうー!...

青森は五所川原へ出発

本日の夜行バスで、代表とその兄の2人は青森は五所川原の米農家さんのお手伝いに行ってきます。 兄の知人が五所川原の米農家さんの息子さんだったという繋がりで、ECOFFと一緒に活動ができるかもしれないということで紹介していただいたのがキッカケです。 これまでに南の方は何度も何度も足を運んでいたのですが、実は青森県に行くのは今回が初めてです。 大規模な米農家さんと知り合うのも初めてのことなので、ワクワクしつつ、緊張している感じです。 今回は5日ほどと短い滞在なのですが、いろいろとお話ができればと思っています。...

村おこしNPO ECOFFが設立されました

2011年1月23日、都市人と田舎人が集い、日本の未来のための村おこしを支援する非営利任意団体「ECOFF」が設立されました。 このブログでは、ECOFFの活動の最新情報を提供していく予定です。どうぞお楽しみに!...

33 / 33« 先頭...1020...2930313233

ECOFFのSNS

ECOFFのツイート

村おこしボランティアに参加しよう

村おこしボランティアは、
ボランティアもしたい、インターンもしたい、旅行もしたい!

そんなわがままな学生にぴったりのボランティアツアーです。

もっと詳しく