島インターン生日誌

世界はこんなにも美しい

昨日までたくさんの人で溢れていたゲストハウスimacoco。たった一人で寝るのにはあまりにも広すぎる。でも寂しくし…

イマココから

気温が低く風が強い。奥尻島が私たちとの別れを惜しんでいるかのような気候でした。そうした中で飛行機が見えなくなるまで…

集う

昨今の情勢の中で私たちは「集うこと」を制限されてきました。次々とオンラインに代替され、クリックひとつでいつ何時でも…

海の幸、山の幸、人の幸

島民の方々から日々様々なモノをいただきます。タコ、ホッケ、ソイ、カレイ、海苔、お米、ジビエ、奥尻和牛…それだけでな…

Jōmon period Okushiri

本州が稲作を始め弥生時代に変遷した頃、奥尻島を含めた北海道は続縄文時代として狩猟文化を続けていました。今日のメイン…

新境地開拓

自身の興味から事前の学習を経て、奥尻和牛について興味を持ったメンバーがいました。今回のプログラムは奥尻和牛に関する…

ありがた迷惑を超えろ

今日は地方活性化における地方都市の現状と、抱える問題を直に認識することができました。奥尻島の震災を経験され、現在は…

カムイとの共生

2011年 3月11日、東北地方を中心に未曾有の被害を引き起こした大震災から今日で10年目。14時46分は全員で東…

愛着

大切な場所が繋がっていく喜びを強く感じた1日でした。今回の奥尻島の派遣コースは大学サークルとの実証実験として開催が…

団体モード突入

今日、奥尻島にECOFF参加者がやってきました。1週間ほど先に島に訪れることが出来たため、プログラム遂行にあたりE…

北加伊道を食べる

命の芽吹き、春の訪れを感じさせる今日、山菜を採りに山に入りました。一見煩雑に生えている草木も、ゆうとさんのガイドを…