M.H.さん(2019夏日程)

自分次第で、無限に成長することができる環境が整っています。この10日間の充実した活動は言うまでもなく、この活動以降も続く人々との関係がたくさんあります。自分の生まれたところと全く違うような遠い所に帰る場所ができるのは、本当に素敵なことです。迷ったらぜひ参加することをおすすめします。

S.M.さん(2019夏日程)

「町おこしをしたい」
この言葉を発しているだけでは何も始まりません。現地へ行って、いろいろな町の現状を見て、自分には何ができるのだろうと考えることが大切です。だから、町おこしに興味があれば、積極的にエコフのボランティアに参加するべきだと思うし、その経験は町おこしとは何かということを考える上で大切になってくることではないかと思います。

吉川さくらさん(2019夏日程)

このボランティアでの経験は、お金に変えられるものではありません。たった10日間ではあるけれど、得られることはたくさんあります。どんな理由であれ、参加することに意味があると思うし、そこで出会う人たちは自分にとって大切な存在になりました。自分がやりたいと思ったこと、感じたことは遠慮なく言葉にして、悔いのない10日間にしてもらいたいです。

匿名希望(2019夏日程)

2つあります。

1つは感謝と礼儀を忘れずに、積極的に行動することです。私たちはこのことができたから島の人々と最高の関係になれたのではないかと思います。島の人たちが優しすぎて感謝と礼儀を忘れそうになりますが、絶対忘れないでください。

2つ目は、このボランティア期間も重要ですが、帰ってからの行動がもっと重要だということです。島の人々から学んだことをどう自分に生かしていくか、どのようにすれば村や島の外側から良い影響を与えることができるか、自分にできることを考えるべきです。

A.S.さん(2019夏日程)

迷っているのなら行け、という意のメッセージを見たことがありますが全くその通りです。こちらが真面目に頑張っていれば地域の方はそれに必ず応えてくれます。もしかしたら辛くて苦しいこともあるかも知れませんが全日程を終えた後の達成感は山を登り切ったものに近く、とても気持ちのいいものです。学ぼうとする気持を持ち続けて活動すれば得るものは必ずあります。もしも1人が不安なら友達でも誘って参加してみてはいかがでしょうか。

村おこしNPO法人ECOFF