村おこしボランティア【奥尻島コース】の評判

I.K.さん(2020春日程)

人の暖かさを知ることが出来るボランティアでした。お金ではない人に対する恩送り、イマココを大事にする感情をこれからも持っていきたいと思いました。

S.M.さん(2020春日程)

壮大な自然、温かい島民の方々、奥尻島の魅力には驚かされました。また、島ならではの課題についても知ることができました。
今まさに進化している最中の奥尻島に来られて良かったです。また行きたいと思える素敵な島でした。

H.S.さん(2020春日程)

心から行ってよかったといえるボランティアだった。特に感染者の多い東京から感染者の少ない離島に行くということは、普通では難しいものの、ECOFFや世話人のゆうとさんが築き上げてきた信頼のおかげでこのような活動をできる機会をもつことができ、大変感謝している。ありがとうございました。

匿名希望(2020春日程)

様々な感情•考えと共に暮らした10日間でした。”素晴らしかった”の一言では表せません。イマ、ココでしか体験できないことを、全身で体験できて、メンバーと幸せを共有して。あまりにも一瞬で濃密な時間でした。

匿名希望(2020春日程)

自分の人生にとって本当に忘れられない経験をさせていただきました。このプログラムに参加することができてよかったと思います。関わってくれたすべての方に感謝しています。

N.Y.さん(2020春日程)

今回、このご時世の中で参加させていただ方こと、さまざまな方に感謝申し上げます。
本当に毎日が濃くて、あっという間の十日間で島の魅力をたくさん知ることができました
また行きたいと強く思いました。

K.S.さん(2020春日程)

学生最後の活動の場にECOFFを選んで良かった、という思いが強くあります。
今回の体験は過去のすべてのきっかけ、選択によるものです。中でも2018年夏の喜界島、2020年夏の奥尻島派遣は非常に大きなきっかけであり、携わっていただいた全ての人に感謝をしています。
自分の人生の大きな起点となる出来事でした。ありがとうございました。

M.S.さん(2020夏日程)

本当に楽しかったです。
自然、人、自分にたいしての向き合い方を学べました。

M.N.さん(2020夏日程)

私はここへきて大きくふたつのことについて改めて考えるきっかけをもらいました。
第一に、自然との共生について。
生茂るブナ林、どこを見渡しても広がる海や空、東京では見ることのできない自然の雄大さに圧倒される日々の中で改めて実感しました。人間は自然によって生かされている、ということを。長い長い自然の営みの中で作られた森や海、生物との繋がり、普段見ぬ自然や奥尻の歴史に触れ考えさせられました。そしてこれらは守っていく人がいないと廃れてしまい、これから先の日本の未来についても考えるきっかけをもらいました。
第二に自分の過ごしてきた当たり前の日常について。
ここでは三食の自炊や洗濯、日々の掃除、当たり前のことだけど、実家では任せてしまっていたことなどを能動的に動き、8人のボランティア生と共同生活を送りました。
これらの生活の中でいかに自分が人から助けてもらっていたか、また自分のできることとストレスがたまることなどに改めて気づくことができたのです。
今回のボランティアでは自分が与えられたことよりホストや島の方、また周りの学生から与えられることが多く、助けられてばかりの10日間でした。コロナ禍という状況の中でこんなに貴重な経験ができたことに大変感謝しています。
この学びを発信し、また次世代にも繋げられるように自分も努めたいと思いました。

丹田真帆さん(2020夏日程)

行く前は今日の情勢もあり、何かに挑戦すること自体億劫になってしまっていて参加自体も迷っていました。
でも、意を決して行ったら奥尻島には一生忘れられない十日間がありました。
奥尻で見た空と海がどこでわかれているのかわからない不思議な景色も、毎日表情を変える夕焼けも、怖ささえ感じるほどの大きな自然も、たくさんの人との出会いも、全部わたしにとってはあたらしくて、最後には大切なものになりました。

中込裕大(2020夏日程)

今回のボランティアではたくさん学んで色んな人に出会えました。
その中で”日常にある幸せや奇跡に気づくこと”や”自分らしくありのままに生きること”、”優しさと温もりを持って人と接すること”などを学びました。
ゲストハウスの名前の意味でもある”今ここにある奇跡”を大切にしてこれからも一生懸命生きていきたいと思いました。