N.I.さん(2019夏日程)

私は何かをするにあたって決断ができず後回しにしてしまう性格なので、このボランティアをやるかどうか正直すごく悩みました。しかし、結果心の底からやってよかったと感じています。台風が運悪く近づき、私達の乗ってきたフェリー以降帰るまで欠航続きでした。つまり孤立した状態で、人の出入りも食べ物の入荷も無く本当の離島生活を体験しました。それでも毎日幸せでした。限られた食料で工夫して料理を作ったり、毎日のように会う島民の方と交わすたわいのない話。朝早く起きておにぎり作って朝日を見に行ったり、元気な時には海に飛び込んだり。部屋着でふらっと温泉行って、毎日一切化粧をしないありのままで外を歩く。これがここ宝島の幸せの形なのかなと感じました。言ってもたったの11日間です。私が経験出来たことは生活のほんの一部に過ぎません。しかしこの経験は、私の「生き方」についての考えに大きな影響を与えてくれました。そして一緒に生活した仲間の多種多様な生き方、考え方、価値観や悩みなども沢山吸収できました。

A.K.さん(2019夏日程)

新しくできる飲食店の改装はとても暑くて大変だったが、仲間と協力することの楽しさを知ることができる良いきっかけになった。また、島民の方々と交流することでより宝島の良さを感じることができた。
このボランティアに参加することで参加する前の自分よりも成長する事が出来たと思う。

匿名希望(2019夏日程)

最初は慣れない環境での生活に不安もあったものの、気づいたら島でのはすごい濃いものになっていました!ボランティアを通して、島の生活のいいところや大変なところを学ぶことができました。
また、ボランティアメンバーや島の人々など様々な人と話すことで自分の視野が広がったと思います。これからもここで学んだことは忘れず、頑張っていきたいです。
また、宝島に行きたいです!

LUONG THI TUYETさん(2019GW日程)

今回村おこしボランティアに参加して、よかったと思います。人々に出会えたり、人口が少ない島の生活が体験できたり、素晴らしい景色が見えたりすることで、素晴らしい旅になりました。特にボランティアメンバーは全員優しくて面白い人ばかりで、毎日笑って生活していました。宝島で過ごした想い出は私の人生の宝であるじゃないかと思います。

LUONG THI TUYETさん(2019GW日程)

今回村おこしボランティアに参加して、よかったと思います。人々に出会えたり、人口が少ない島の生活が体験できたり、素晴らしい景色が見えたりすることで、素晴らしい旅になりました。特にボランティアメンバーは全員優しくて面白い人ばかりで、毎日笑って生活していました。宝島で過ごした想い出は私の人生の宝であるじゃないかと思います。

Y.M.さん(2019GW日程)

西表島など観光客の多い島には行くことが多々あったが、ほとんど観光客のいない宝島はそれらの島とは全然違う体験しかしなく、とても充実し新鮮な経験を得られました。島民やシェアハウスしたボランティアメンバーなど周りの人との距離がとにかく近い環境下で1週間過ごすことは良い意味でも悪い意味でも自分を見つめ直す機会となり、今までにないくらい充実した休暇となった。

角田恵吾さん(2019GW日程)

どちらかと言いますと、遊ばせて貰った方が多く、申し訳無いなあと言う気持ちがあります。
大学生は夏、冬と様々に行ける機会がありますし、別団体にも似たようなプログラムもあり、参加出来る機会が多いので、(学生主体のプログラムとは重々理解していますが)、たまには、社会人優先プログラムもあってくれたらなあと思いました。
今日もお土産屋さんのおばちゃんにエコフのこと話しましたら、機会があったら是非参加したいと言ってました。
幅広い年代にニーズはあると思いますし、逆に社会人が参加できるプログラムは少ないため、今年の宝島のように、かなり申し込みがあると私は思います。

村おこしNPO法人ECOFF