匿名希望(2019夏日程)

自然が好きだけれど自分から行動する事が苦手で、でもそれを変えたいと思いきって応募しました。
そして実際に行ってみると、自然はもちろんのこと、世話人さんが参加者一人一人と話し合う時間を設けてくださったお陰で、今まで知らなかった自分自身を知る事ができました。同時に帰ってからの課題も沢山見つかりました。
応募して大正解でした!
勇気を出して良かったです。

匿名希望(2019夏日程)

本当に参加して良かったです。現地での様々な活動の中で大切な友達もできました。プロジェクトを通し竹島を深く知ることで、自らも大きく成長した気がします。
様々な人と出会い、話を聞いて頂きながら多様な価値観や考えを吸収し、私のこれからに繋がる大きな経験となりました。

K.N.さん(2019夏日程)

不思議な心地だった。あっという間だったのに、物凄く濃い経験をしたと実感している。
今までに味わったことのない感情で、参加者と島から別れた寂しさが大きく、またみんなと会いたいと思った。
島の色んな一面をたくさん知ることができ、とてもいい経験になったと思う。
もともと田舎暮らしだけど、自分の住んでいる地域にはない生活ぶりを感じた。
出会えた仲間や島の人に心の底から感謝している。

A.H.さん(2019夏日程)

最初竹島が役場もないし警察もないし病院もない島だと聞いて本当に自給自足の生活圏だったら生きていけるのかと不安でしたが、行ってみるとその不安感が払拭されるくらい充実していてそういった行政の部分が薄くても地域のコミュニティの基盤がしっかりして島民同士で十分なコミュニケーションを取れているが故に生活できるのだなと分かりました。ボランティアに関しては、普段都内で生活している時には体験できないような、島に一つしかない小中学校においてのお手伝いや役場から島の方々が委託されたお仕事のお手伝いを体験することができ、とても良い経験ができたと思います。プログラムが終わってこれで終わりではなく、その後もこの経験を活かせていけるような活動をしていきたいなと思いました。

匿名希望(2019夏日程)

町おこしとはなんなのか、最初は漠然としすぎて自分ができることがあるのかなど不安もあったけど、私たちがやりたいこととその地域が必要としていることを組み合わせて一つのプロジェクトにすることはとてもやりがいがあった。その地域に行ってみて、自分の目で見て地域の方々の話を聞いてその地域がなにを必要としているのか、その中で私たちがどのように関わることができるのかを深く考えることができた。これは実際に行ってみないと絶対にわからないことだから、今回このプログラムに参加してその地域のことを知ることができてよかったと思う。このプログラムだけで終わり、というわけではなく今後もどのように貢献していけるかを考えたいと思った。

R.M.さん(2019夏日程)

今まで経験したことのないような貴重な体験をたくさん得ました!何もかも簡単に手に入る都会で繰り返しの日々を過ごして鈍くなっていた感情が、竹島の豊かな自然やあたたかい人々と関わることで刺激され、自分自身を見つめ直すことができました。10日間、仲間のみんなと世話人の方と朝から晩まで一緒に生活をして、たくさん語り合って、本当にたくさん笑いました。別れがとても寂しいです。またこの竹島に絶対来たいと思います!

村おこしNPO法人ECOFF