匿名希望(2019夏日程)

自分が想像しているボランティアのイメージが大きく変わった機会でした。自分1人だけでは乗り越えられなかったと思いますが、世話人の方々、インターン生を中心に沢山の人との繋がりがとても大事だと学ばされました。また、瀬嵩日常にたったの10日間ですが、暮らすことができて本当に良かったです。参加してよかったと思っています!

匿名希望(2019夏日程)

最初は不安が大きかったが、他のボランティア生にも恵まれ、楽しかった。コンビニやスーパーテレビが近くにない生活はほぼ初めてで共同生活の暮らしに慣れないこともあったが、どうにかなることが、分かった。地域の皆さまともゆんたくして楽しい時間を共有できたことはうれしかった。村おこしボランティアというと、大きなことをするとか、何かひとつのミッションを達成するというイメージが強かったが、今回日々の生活のちょっとしたことでも感謝してくれる人がいると分かり、また地域の人はあたたかく迎えサポートしてくれる優しさが嬉しかった。参加してみて、私なりにボランティアの活動のひとつとして地域との交流することで外からの刺激となること、地域やその人自身について聞くことで誇れるようなまちになってもらうことも大切だと感じた。とても考えさせられる10日間でもあり勉強になったし楽しかった。

匿名希望(2019夏日程)

エコフのホームページだけをあてにしてボランティアに参加したため、実際現地でボランティアしてみると、私が想像していたボランティア活動とは少しズレがあった
しかし、そこには仲間たちも含め素晴らしい地域の方々との出会いがあり、地域の方々や仲間とコミュニケーションをとりながら協力して10日間のボランティア活動を実践したという経験はかけがえのない素晴らしいものになった
もっとこの地域の素晴らしさを発信して行くことが私たちの役目だと実感した

黒川友岐さん(2019夏日程)

ボランティア活動を行なってみることで賛否両論があることを学ぶことができました。ひとつひとつの行動が自己満にならないように考える力が大切であることに気づけました。地域の方々の優しさに触れてまたやりたいことに向かって頑張ろうと思うことができました。

阿部航大さん(2019夏日程)

まずはじめに、今回訪れた地域の皆さんには本当にお世話になりました。初めて参加したプログラムで、今回の地域に出会えたことは幸せだったと思います。本当にありがとうございました。
始まる前は不安が多くありましたが、終わった後に残ったものは大きな充実感と別れに対しての寂しさでした。このプログラムを通して、地域について考えると共に人との出会いを通して自身の成長もありました。しかし、自分の足りない部分や考えの甘さなども見つかりました。今回得たものを無駄にするか、さらなる成長につなげるかはこれからの自分次第だと思います。だからこそ、これからも挑戦を続け頑張っていきたいと思います。

Y.O.さん(2019夏日程)

今回私はボランティアや村おこしというよりは、何か新たなことに挑戦したい、様々な人と話してみたいという自分本位なきっかけで応募をしました。しかし、活動を通してたくさんの人と関わり、感謝され、今回お世話になった地域のことが好きになったし、この人たちの助けになりたいと心から思えるようになりました。他の地域にも興味が湧いたし、自分の地域にも再発見できるものがありました。そして共同生活を通して自分の当初の目的もクリアすることができ、本当に充実した10日間を送ることができたと思っています。そしてこの10日間に本当の意味で意味を持たせるのはこれからの自分の行動だと思います。この経験を単なる自分の思い出で終わらす事のないよう様々な形で還元していきたいです。

M.S.さん(2019夏日程)

神奈川で育った私にとっては、大浦の人々の暮らしや関係がとても新鮮だったし、共同生活で皆で協力しながら日程を進めていく体験もとても勉強になった。
地域の人で助け合って生きているからこそ、歓迎会などで気さくに話しかけてくれたり、人との繋がりを感じられた10日間だった。

伊藤晴香さん(2019夏日程)

この経験は、私の人生の分岐点になったのではないかと思います。辺野古の基地問題や、高齢化や過疎化問題を抱えた地域を実際に見に行くことで今日本には何が必要なのかがわかった。また、社会問題だけでなく、田舎だからこそ都会にないものが目に見えた。区民に対する想いやりやECOFFボランティア生に対する受け入れてくれる姿勢は都会では滅多に経験できないものであると思った。そして、何より9泊10日ずっと生活を共にした仲間たちのおかげで自分自身の意識を、高められたと思う。この取り組みの中で中間報告と最終報告があり、この中で事前に決めた自分の目標と現在の自分お照らし合わせ自分の足りないことや出来ていることを共有しあった。そこでこのチームでの役割が明らかになった。

村おこしNPO法人ECOFF