2012年のごあいさつ

皆さま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

昨年は1月に「村おこしNPO ECOFF」の設立。
そして、7月には「村おこしNPO法人ECOFF」 として特定非営利活動法人に認定されました。

思えばECOFFの発想が生まれたのが2010年の暮れのこと。
当時、私は1年間のオーストラリアでのワーキングホリデーを終えて帰国し、
次は台湾へ行こうと旅の準備をしていました。

しかし、海外に行く前に日本をもう少し見てみようと思いたち、
これまでにお世話になった方々を訪ねようと
西日本を旅したことから、すべてが変化しました。

学生時代から一度は行ってみたいと思っていた「四万十川」。
最初は2,3日の滞在で先へ進もうと思っていたのですが、気がついたら1ヶ月。

そのなかでの人々との出会いから、ECOFFの挑戦はスタートしました。
それから1年以上がたち、今、2012年を無事に迎えています。

 

日本では、東日本大震災があり、首都圏には台風が直撃し、
地方では豪雨があり、個人的には実家の建て替えと引越しがありました。

世界では、アラブの春があり、ビンラディン氏やカダフィ氏の暗殺、
金正日氏の死亡など大きな事件がたくさんありました。

私自身は、ECOFFの運営がまったくうまく行かず、
軽い欝のような状態におちいったこともありました。

それを打開するためにECOFFとは別の仕事もしてみましたが、
これもまた、実にいろいろな人との出会いや思いのおかげで、
もう一度ECOFFに専念して活動をしていこうと決心することができました。

 

おおくの皆さまにとって、
2011年はおおきな区切りや転機となる一年だったのではないでしょうか。

さて、今年は2012年。
ふさぎ(ウサギ)こんだ1年から、飛躍する龍のような一年にしていきましょう。

 

本年、ECOFFでは単にプログラムそのものを改良していくのではなく、
そのプログラムに付随する波及効果をおおきくしていく挑戦をします。

また、ボランティアに関心のある方々とのネットワークの構築、
ウェブサイトの仕組みの一新などにも取り組みます。

まだまだできたばかりのNPO法人ではありますが、
私たちを必要としてくださる方々がいる以上、
その期待を上まわる結果をだせるように努力してまいります。

2012年。本年もみなさま、よろしくお願い申し上げます。

 

村おこしNPO法人ECOFF 代表 宮坂大智

 

 


村おこしNPO法人ECOFF