こんにちは。

こっちゃんの四万十に行かんと!通信第2回では、
3月3日のこどもたちが作り上げるアートイベントについて!

*四万十に行かんと!通信第1回はコチラからご覧になれます。

どんなイベントにしようか?|四万十通信【2】四万十川のほとりに、
全校生徒が6人の小学校があります。
たったの6人でも、
先生たちや地域の方たちのいっぱい愛と、
四万十川のすばらし~自然に囲まれ、
のびのび元気に育ってるこどもたち。

こどもはこんなところで育てたいな~
とつくづく思うわたし。
しかし、その小学校は今年度で廃校になり、
町の小学校へ統合されます。

「このまま卒業なんて寂しいな、卒業する時に何かしようよ!どーんと!」

 

そんなこどもたちの思い。
そんな思いを実現させようと、たくさんの人が協力し、イベントをすることになりました!

でも、どんなイベントにする?

こどもたち話しているうちに浮かび上がってきたのは、こどもたちが毎日渡っていた沈下橋!

壊れてしまった沈下橋|四万十通信【2】
みんな毎日沈下橋を渡って通学して、
夏は橋から飛び込んで遊んだり、
夜は寝転がって星を見たりしたんだって。
でも今の沈下橋はこんな感じ。

橋の向こうに見える白い建物が小学校。
去年の増水で
橋が壊れてしまったのだそうです。

 

 

このまま渡れないまま卒業なんていやだな~。
そうだ、沈下橋をテーマにして、イベントしよう!

 

相談しよう!|四万十通信【2】イベントの大きな協力者はアーティストの
濱田公望さん。
高知県の映像アーティストです。
(ちょっぴりミステリアスなお方・・笑)

公望さんがこどもたちが
この地域で過ごした思い出を、
すてきな映像にして上映します。

ほかにも、
こどもたちのアイデアはすごいものばかり。

沈下橋に思い切り絵を描いて、虹の橋に!
沈下橋に大きな絵を描き上げます。

渡れないなら他にも自分で作っちゃう?
昔の人が作った仮の橋をみんなで作りあげます。

 

上映会もしよう!|四万十通信【2】ECOFFの四万十ボランティアでは、
このイベントのお手伝いを
たくさんさせて頂こうと思っています!

仮橋を作るのには、
たくさんの人手が必要です。
橋に絵を描くこどもたちの
サポートも必要です。

こどもが好きな人、
なにか作り上げるのが好きな人、
イベントが好きな人、

地域に入り込んでいろんな人と話がしたい人、
ぜひ来てください!

人が多ければ多いほど、大きなイベントになります!
みんなが参加してくれれば、きっと、とってもすてきなイベントになること間違いなしです!

イベントは3月3日!

四万十川・村づくりボランティア第2期(2月24日〜3月4日)に参加すると、
準備とイベント当日に参加することができます!

農作業だけでなく、もっと地域に入り込んで、
すてきな思い出と人とのつながりをお互いに作れたらいいな、
とこっちゃんは願っています。

(文と写真:秋山梢)