悪石島三日目です。お世話になっている津波古家の長男・充航くんの二歳のお誕生日です。

午前中はスナップエンドウ出荷に使う段ボールを作りました。なかじまさんが組み立てた段ボールに新聞紙を敷いていきます。

ヤ○ト運輸の流通センターで段ボール作り&荷物詰めのバイトをしていたことがあるのですが、それは単位時間あたりのノルマと出来高を管理されて、いつも時間に追われていました。時間を気にせずゆっくり作業できると心が安らかです。

お昼に、魚一匹丸ごとの煮付けをいただきました。いただきものです。魚丸ごとの煮付けは人生初でした。身がよくしまっていて美味しかったです。

午後はらっきょうの収穫のお手伝いをしました。根がしっかり張っているので引っこ抜くのに力が要ります。腰にきました。たぶん体幹をしめて腹の力で抜くのがコツです。

引っこ抜いたらっきょうは向きを揃えて集め、はさみで根を切り落とします。たくさんあるのでひたすら黙々作業ですが、こういうのが一番好きです。周りの木々が風でざわざわ鳴っていました。らっきょうの臭いが独特でした。

その後は近所のとしこさんのお宅にお邪魔して、お餅やお菓子、熱いお茶をいただきました。まさにおばあちゃんのお家でした。

昨日は小学校の三年生、四年生が来て、社会科の授業をここで受けたそうです。子供たちもお餅をごちそうになったのですが、炭の中に落ちた餅は先生が食べたそうです。

夜は充航くんのお誕生日祝いということで、オムライスに蝋燭を立てる予定だったのですが、肝心の充航くんが寝てしまっていました。オムライスに加えて、いただきものの魚を、今度は刺身でいただきました。毎日贅沢です。

明日も楽しみです。