悪石島三日目です

三日目になるとみんな慣れてきたのか、様々な作業がスムーズに、そして楽しくこなせるようになってきました

一番変わったのはやはり食事です

最初は慣れない自炊だったのが、だんだんとおかずも増え、豪華になってきました

また、作業もうまく分担できるようになってきました

疲れた後に自分たちが作った料理は一段と美味しく感じられます

今日の午前中はホストさんに悪石島の山頂まで案内して頂きました

とても天気にも恵まれ、とても見張らしが良かったです

奄美大島まで見えましたが、ここまで綺麗に見えることはなかなか無いそうです

午後は昨日に引き続き榊(さかき)畑での作業です

昨日からの草刈りの成果で、最初に訪れた時とは見違えるくらいすっきりしました

今日は風で倒れた榊を起こして、添え木で固定する作業をお手伝いしました

添え木は周囲に生えている竹を切って作ります

竹を切る人、運ぶ人、地面に打ち込む人、縄でくくる人、それぞれが自分の仕事を見つけ、互いに声を掛け合いながらスムーズに仕事を進めることができました

これから二年ほどの歳月をかけ、榊が育っていきます

「また見に来てね」

と言っていただき、自分達が育てた榊の成長を最後まで見たいなとみんなが感じました

島に慣れ始めたメンバーたち

ですが作業はひとつひとつ確実に終わっていきます

やらせていただく作業、見せていただける景色、そのすべてを全力で、そして最後だと感じながら、明日からも大切な時間を過ごしていきたいと思います


村おこしNPO法人ECOFF