今日で、奄美大島での全ての行程が終了しました。長かったような短かったような10日間、本当に沢山のことを学ばさせて頂きました。どの農家さんも私達を優しく受け入れて下さり、私達も毎日楽しく過ごすことが出来ました。ボランティアで来ているのに親戚のお家に遊びに来たような、そんな暖かいところでした。

農業を続けていくのは絶対に大変なはずなのに、いつも笑顔で明るいみなさんを見て、元気をもらいました。休憩中や交流会で農家さんが語っていた前向きな夢や目標、ずっと忘れません。私もみなさんのように、好きなことをして生き生きと過ごせたら良いなあと思います。

そして、10日間を共に過ごした10人の仲間。初日のぎこちない少し気まずい雰囲気から始まって、今日までずっと一緒に過ごしてきました。会ったことのない人と生活を共にするのは、最初は不安もありました。ご飯を作って一緒に食べてみんなで寝て。それでも徐々に仲良くなってきて、お酒を飲みながらゲームをしたり、みんなでひとつのケーキを食べたり、夜中に星を見に行ったりするまでになりました。今はもう、家族のような関係になることが出来て、とても嬉しいです。

そんな深い関係になれたのも、みんなのおかげだと思っています。全国各地から集まった10人が、みんなで本当に良かった。奄美大島での経験は、私にとって一生の宝物です。

ありがとう。