村おこしボランティア【台湾淡水コース】

今日は天気もよく、一番農作業をしたと実感できる1日でした。午前中は全員で農荘から5分のところにある田んぼで、苗の引っ越しを行いました。

聞くと、その苗はもう10年も育て続けているそう。今年は種つけに失敗してしまったらしいですが、その品種を絶えさせないため、育て続けているそうです。

台湾生活で一番太陽も気温も絶好調だったこの日、夢中で稲を引っこ抜き続けました。この作業は集中力と腰の力が必要で、気づいたら身体も真っ黒!

村おこしボランティア【台湾淡水コース】

村おこしボランティア【台湾淡水コース】

村おこしボランティア【台湾淡水コース】

待ちに待ったお昼ご飯を食べたら、男子は昨日と同じで豆腐やさんのペンキ塗り。4月から豆腐やさんで働く同年代のアレックスととても仲良くなったそうです。

女子は引っこ抜いた稲を、2、3本ずつに仕分けすることをしました。意外と繊細なこの作業。農作業には根気と体力が必要だと改めて感じた1日でした。

村おこしボランティア【台湾淡水コース】