東日本大震災から五年の今日、淡水駅前でフリーハグをしました!

目標200人を掲げて、朝9時頃に淡水駅付近で始めました。

日本に世界で2番目に多い寄付をして下さった台湾の人々に感謝の気持ちを伝えたいということで、Free Hug(フリーハグ)活動をしました。

2016年3月11日。今日は東日本大震災から5年目の年となった3.11です。そこで、日本に世界で2番目に多い寄付をして下さった台湾の人々に感謝の気持ちを伝えたいということで、Free Hug(フリーハグ)活動をしました。

フリーハグ

目標200人を掲げて、朝9時頃に淡水駅付近で始めました。初めは淡水駅の裏辺りでしていましたが、注意されてしまったので、河川の近くで仕切り直しました。

目標200人を掲げて、朝9時頃に淡水駅付近で始めました。

午前中は、人があまり通らず、200人という目標を達成できるのか不安でしたが、午後から人が増えてきて、5時頃に目標を達成することができました。

午前中は、人があまり通らず、200人という目標を達成できるのか不安でしたが、午後から人が増えてきて、5時頃に目標を達成することができました。

午前中は、人があまり通らず、200人という目標を達成できるのか不安でしたが、午後から人が増えてきて、5時頃に目標を達成することができました。

折り鶴200羽

活動している時に、 たくさんの台湾の人々が「寒い中ご苦労様です」「頑張ってください」などの温かい言葉をかけてくれたり、温かい飲み物やお菓子とかも差し入れで持って来て下さったりなど、本当に温かい心遣いをしてくれて、寒い中辛いなと感じたこともあったけど、それよりも、その人たちの温かい心に感動して、とても幸せな気持ちになれました。

たくさんの方からの差し入れ

この活動によって、たくさんの人達と触れ合う事ができたことが、本当にいい経験になったなあと思います。

この活動によって、たくさんの人達と触れ合う事ができたことが、本当にいい経験になったなあと思います。

台湾のテレビ局からの取材を受ける学生ボランティア

Free Hug活動終了後は、手伝ってくれた美夕さんの友達さんと一緒にご飯を食べに行きました。拉麺と炒飯とスープを食べて、体も温まりました。

活動後みんなで夕食!

そして、たくさんの人がくれた沢山の差し入れと共に、最後はタクシーで帰りました。

明日は農園に行くのでとても楽しみです!残り8日間、よろしくお願いします!