目標達成のために

8日目は晴天だった為、午前は昨日刈った中山の草を燃やして灰にし、午後は少し草刈りをした後に呉の観光をしました。

新型コロナウイルスの影響で、大和ミュージアムやてつのくじら館が休業中だったので中に入ることはできませんでしたが、実際に使われていた潜水艦を間近で見ることができました。今にも動き出しそうなくらいの大迫力で、圧巻でした。

夜はいつものように河本夫妻から興味深い話を沢山聞かせていただきました。ケンさんは今の生活を送るまでに、業種も全く違う複数の職種を体験したそうです。しかし、一貫して根底にあるのは「みんなのために」という考え方で、勿論興味があったからというのも理由の一つにあるとは思いますが、国のために、みんなの食料確保のために、全ての生き物が持続可能な社会で生きることができるようにといった、他者を思いやる心があったからこそ、現状に満足せずに自分のやりたい事、やるべき事を突き詰めて行動に移せたのではないだろうかと思いました。目的は同じでもアプローチの仕方は多種多様です。ある目標があるのならば、達成するための手段を一本に絞るのではなく、視点を変えて解決法を探ることも時には必要なのだと感じました。

ついに8日目まできて、一日中作業に取り組むことのできる日は明日のみとなりました。残り少ない島での暮らしを存分に楽しみたいと思います!