地域の交流関係

本日の作業は、世話人の健一さんが飼っている羊さんのご飯探しと、農場の開拓作業をしました。

 羊さんの食べる草にもたくさん種類があり、すぐ側にある山の木をノコギリで切り、牧場へ食べ物をあげに行きました。

 牧場には、みかんの木も植えてあり作業者みんなで羊さんにあげたり、自身で食べたりと、とても美味しく、楽しい時間を過ごしました。

 羊さんは、みかんが好物だそうでみかんをもぎ取った瞬間に近寄ってきて作業者の身体に乗り上げるように「ちょうだい!」と言わんばかりに迫って来ました。その瞬間がとても可愛いらしかったです。

 農場自体が開拓途中のため、耕運機を使用して耕したり、ノコギリを使用して竹を切り落としたり、たくさん落ちている石をみんなで拾い集めたりと、とても重労働だったため大変でした。

 また個人的に別行動で、世話人の知人が使わなくなった棚とテーブルを受け取りに行きました。

 廃棄する予定の棚やテーブルを再利用出来ないかと知人に相談したりと、島ならではの関係性があるからこその再利用であったり、物を大切にする意識があるのではないかと実感しました。