自炊のメニューを、毎日違う献立で考えるのに頭を悩ませながら、今日は「サツマイモ入り 親子丼」を作りました!

お世話をしてくださっているゆうじさんが、なにかあったときのために、と用意してくださった唐揚げが冷凍庫に入ったままでした。しかし、何かしら工夫をして唐揚げを使いたいということで、サツマイモと玉ねぎと卵と一緒に煮て親子丼にしました! 普段食べている普通の食材だとしても、他の食材と合わせて何ができるかを考え、完成して食べているときはとても達成感がありました!!

朝食後は、苔のじゅうたんが綺麗な小道と、安徳天皇や俊寛のお墓を掃除しました。地域の方々と手分けをして掃除し、綺麗になっていくのはとても気持ちよかったですし、なんといっても休憩中に笑い話をしながらお茶を飲むのがとても幸せでした。「この休憩を楽しみに掃除するのよ」とみんながおっしゃっていて、同じ喜びを分かち合いながらお仕事をするのはとても素敵だと感じました。

午後は、夕食の食材である貝を探しに海へ行きました。ここを歩くの?! という獣道を歩き、ここで採るの?! というゴツゴツした岩だらけの海で探しました。

何品か夕飯を作り、持ち寄って、地域の方々と一緒に夕ご飯を食べました。これが今日の1番のハイライトです!

普段お世話になっている方々だけでなく、村の小中学校で教師をしていらっしゃる先生方も来てくださいました。歳が近いということもあり、大学生ならではの人生相談をさせていただき、奥深いアドバイスをたくさんしていただきました。私自身教員を目指しているため、このチャンスは逃せない! という思いで、たくさん質問してたくさん考えを聞いてメモしました。

教員以外の仕事に就く人にとってもためになる内容ばかりで、理想の社会人になるために今は何をすべきか、一人ひとり考えてこれからの学生生活を過ごして行きたいです。

硫黄島生活も折り返しに入ります。村の人々への感謝をさらに深め、一分一秒を大切にして、最後の最後まで村の役に立てるよう、気合いを入れ直していきます!!!