見て聞いて考えること

今朝は生憎の雨からのスタートでしたが、大保木公民館で地元主婦の方々の料理教室に参加させていただきました。

小豆粥やホタテのバター焼き、和風ポトフに梅ヶ枝餅を作りました。作業をしながら地域の方に大保木地域の学校のお話などをお聞きしたながら食べるご飯はとても美味しかったです。

午後からは快晴に恵まれ、ゆっくりと宿泊施設付近の散策をしました。獣道跡や野鳥の鳴き声を見聞きしつつ作業中の農家の方と少しお話をすることが出来ました。

夜には大保木地区の更に奥にある西之川地区出身でUターンされた方からお話を伺いました。この地区の歴史から慣習など幅広く聞いた上で村おこしの形の多様性と難しさを考えさせられた時間でした。

明日もより多くのことを学べるよう一日頑張りたいと思います。