9月1日、最終日。今日で喜界島A日程、長いようで早かった10日間が終わりました。

今日は先に出発する仲間の見送りと、それから自分たちの出発。島を離れるのは本当に名残り惜しかったです。

この数日間で本当に色々な経験をさせて頂きました。毎日が楽しくて充実していて。これでもかってぐらい島を満喫させて頂きました。

喜界島は何もないよって島の人は仰るけど、綺麗な海も空も星もサトウキビ畑もゴマ畑も、マンゴーもパッションフルーツも牛も山羊も黒糖焼酎だって全部全部自分たちには新鮮で。毎日新しい発見ばかりでした。

でも何よりも、島の人々が魅力的でした。いつも明るくて面白い。そしてすごく親切で優しくて温かい。そんな喜界島の皆さんと過ごせた時間が何よりも楽しかったです。

園田さんをはじめ、佐手久青年団の皆様、受け入れて下さった農家の皆様、超平和バスターズ、お世話になった方々、本当にありがとうございました。

初めての試みにも関わらず、見ず知らずの私達を温かく迎え入れて下さったこと、本当に感謝しています。

皆様と出会うことができて喜界島に来て本当に良かったなと思いました。素敵な時間と貴重な経験をありがとうございました。

たっきー、よっぴー、はなまい、ぴーや、おゆき、きゃそー、そえ。

本当にありがとう。

10日間一緒に過ごせて良かったです。いろんな人が居て、いろんな個性があって、笑いの絶えない毎日、本当に楽しかったです。ワラ

また会おうね。最後にもう一度。

喜界島の皆様、佐手久の皆様、本当にお世話になりました。ありがとうございました‼︎ 必ずまた来ます‼︎