本日は、中之島の御岳に登りました。御岳は、トカラ列島の中でも最高峰であり[トカラ富士]とも呼ばれています。また日本の離島の中では4番目に高い山く地形上雨が多い島です。

港から5.8キロの位置およそ標高500mの場所から約30分かけて登りました。頂上に近づくにつれて天気が回復し口之島、諏訪之瀬島、また真っ青な東シナ海を見渡すことができました。さらに火口付近まで近づくことができ火山湖や噴煙を間近で見ることができました。普通の活火山は、なかなか足を踏み入れることができないがここ御岳は、規制がされていないため自然を肌で感じることがでました。この活火山を観光資源にすることにより行政や島民は、観光客の安全面を考えれと火口付近を規制せざるおえなくなり本来の御岳の姿を目にすることができなくなるのではないかと思い将来が心配です。