本日は、牛飼いさんの苦労などをお聞きすることができました。牛飼いさんの収入源は、主に2つです。子牛と年老いた妊娠中の牛です。子牛が出荷されるまでおよそ10ヶ月かかり餌代や治療費など初期投資が多く牛で生計を立てるには10頭から13頭ぐらいが必要で軌道にのるまでに時間がかかります。そのため根気強く牛と向き合っていかなければ牛飼いさんとして生活することはできません。

最近では、牛飼いさんの数も減っているのでこの広大な土地があるトカラ列島の島々で畜産をしたい人達に募集をすると同時に土地や地域住民の理解が必要であり課題は山積みであると思いました。