メリークリスマス!

12/25、中之島コースが4名の参加者でスタートしました。

初日の流れはこんな感じでした。

・鹿児島港フェリーに集合

・夜明け前6時に中之島到着

・ホストの河本さんと合流

・朝ごはんと自己紹介

・早速活動(やぎの朝ごはん、ニワトリの朝ごはん、十島村歴史民俗資料館見学)

・お昼ごはん(チャーハンつくったよ!)

・午後の活動(ヤギのお世話、倒れた木の処理)

・夜ごはん(大量のカレーをつくったよ!)

さて、今日は島の特徴とボゼとヤギについて書こうと思います。

●島の特徴とボゼ

鹿児島港出港から七時間。立派で中も綺麗な”としま2″に揺られてやってきました。

中之島の中央には大きな山があります。今は休火山です。島の中央に悠々とそびえ立ち朝日に照らされる御岳を眺めるだけでも幸せな気持ちになりました。

島には3つの集落があります。それぞれ住み始めた時期や住んでいる人の特徴・文化が異なっているそうです。

島の場所柄、大陸からの文化や、南アジアからの文化など、様々なものがミックスされているところがとても面白い島です。(歴民間で学びました)

ボゼは悪石島で行われる8月のお祭りで使われるお面です。写真右下です。

大人が見てもビビっちゃうような面。独特な雰囲気でインパクトが強すぎです。

中之島も含めてトカラ列島は島それぞれに独特の文化が息づいていてどの島も訪れてみたくなりました。

●ヤギさん

島には野生のヤギがたくさんいるそうです。いすぎて島では害獣認定だそう…。

河本さんのおうちにもやぎがたくさん!ひとなつっこいのもいれば、警戒心むき出しの子もいます。人間と同じように1匹匹性格があるんですねぇ。

ヤギの毛は、犬と同じように毛並みが長いですが、

ちょっとごわごわしていました。

さあ、明日もがんばります!