待ちに待った村おこしボランティアが始まりました!!

フェリーに揺られて7時間、やっと中之島に到着。

まだ薄暗い中、河本さんファミリーが迎えてくださいました。

周りを見れば自然がいっぱいで、10日間だけですが、憧れの島暮らしがスタートしました!

在来種のトカラヤギやトカラウマのお世話をしたり、おじいちゃんおばあちゃんたちと体操をしたりと、ゆったりと時間が流れていきました。

わたしは地域医療に興味があって、島にある小さな診療所を訪ねました。そこでちょうど今日来ていた先生と看護師さんにお話を伺いました。

本土と違って、不自由なことは多いけれど、島だからこそ学べることや、やりがいを感じることが多くあることを知り、さらに島に魅了されました!

明日からもいろいろな人に声をかけて、島のことをもっと知りたいと思います!