午前中は、おきしま資料館にいってきました。館長さんが琵琶湖の歴史について話してくださいました。

湖に浮かぶ島で人が住んでいる島は、世界でもデンマーク、スコットランドにあるぐらいで珍しい島であるというのは、日本人はどれだけ知っていることでしょうか。

実際に自分自身もここに来る前は沖島のことを知りませんでした。沖島の良さをたくさんの人に知って欲しいとおもいました。

資料館の中を館長さんが丁寧に解説してくださいました。昭和に使っていた生活用品、漁具、古い時代の沖島の写真が展示してありました。当時の織田信長、徳川家康の書状も展示してあり、大変貴重な資料を自分の目で確認することができました。

午後は、沖島市立小学校にいってきました。平成7年に新たに場所を移して建てられ、新しい学校だけあってとても綺麗な学校でした。

児童数が少ないため、目の行き届いた決め細い指導ができるのが一番の利点だと思いました。子供達の元気いっぱいな姿にパワーももらえた1日でした*\(^o^)/*