沖島ー最終日

今日で沖島とお別れでした。

朝からお世話になった宿泊施設と公民館のお掃除をしました。そして、10時便に乗り沖島とお別れをしました。通船に乗り手を振っていると港で送り出してくれた島の方、仕事をしている漁師さんや釣りをしている人達も手を振ってくれて、改めて島の暖かさ、良さを感じました。船から島を見ていると色んなことを思いました。

それから、近江八幡市内を車でドライブをして昼食には、近江牛を食べることができました。美味しかったです。

この1週間は、充実しすぎて毎日が勉強であり、良い経験でした。春祭りから始まり、活動報告をして終わることができて、とても良かったと感じます。みんなの頑張ってる姿を見てお互いに刺激をしあいボランティア活動も内容の濃いものになったと思います。

また、いつもお世話をしてくれた、コーディネーターの方達には、ボランティア活動を安心して行えるようにサポートしていただき、本当にお母さんのように甘えてしまって感謝しかありません。

沖島で学んだことをこれからの人生に活かして、また沖島に戻ったときに良い報告ができればいいなと思います!

そして、次会うときまでには、また一つ成長した姿を見せられるようお互いに頑張っていきましょう!