感謝に溢れた忘れられない夜

今日は1日自由行動で、一足早く帰る仲間を見送るためにヒッチハイク組と歩いて向かう組に別れてフェリーターミナルを目指しました。

ヒッチハイク組は最初に立ち寄った場所で観光協会の方が乗せて下さり、歩いて向かう組は4時間半歩いて間に合わないと判断しヒッチハイクに切り替えた所、開始3分で島の方が止まって下さり無事に仲間の見送りに間に合うことができました。帰りもたくさんの島の方が送ってくださり、島の方の暖かさをより感じることができました。

夜は送別会を開いて下さりこのボランティアでお世話になった方がたくさん集まって下さいました。

10日間、奥尻島で過ごしたことを振り返る時には、それぞれが初日から今日までで変化した考えや感じたことを伝え、島民の方々への感謝で溢れる時間となり、一生忘れられない夜になりました。

明日でいよいよ仲間、世話役の方、そして奥尻島ともお別れです。

今日は仲間と語り合う長い夜になりそうです。