4日目、ついに海中へ。

ウェットスーツを着て入る大船渡の海、それは本当に綺麗な海でした。

この日は、午前中に地区を案内していただき、午後は海でのシュノーケリング体験。

山と海が近いリアスの地形は、雅な秋の景色を作り出します。黄金色の稲穂と海のコントラストが視界に入ると、移動中の車内からは歓声が(笑)

のどかで綺麗な景色は心を癒すものでした。

そして、海。初めてのウェットスーツにフィンにシュノーケル… 最初は上手く動けなかったものですが、次第に馴れてきました。海中を覗き込むと、海底まで見通せる透明度に魚の群れ!

初めて潜る大船渡の海、それは本当に綺麗な海でした。

この日は9/11、震災からちょうど7年半です。その期間の間、この綺麗な山と海を守るために、この地に生き続けて尽力した人がいるということ。

そのことに想いを馳せると、山や海だけじゃなくて、この地に生きる人の心もまた、綺麗で素敵なのだろうな、そんな風に感じました。

さて、次の日は深夜1時から漁船でホタテ水揚げのお手伝い。今日は早く寝ないとです。

初めての漁体験。ワクワク…