繋がり。

ついに、最後のレポートです。

まずは改めて…

このような状況の中、

受け入れてくださった世話人の方、

一緒に活動してくださったダイバーの方々、

そして関わってくださった地元の皆様。

10日間、本当にありがとうございました。

素晴らしい景色、素敵な方々に囲まれ、良い環境で活動することができました。

このプロジェクトでは、藻場再生などと、主に海の環境を中心に学びました。

また、水産業に関するお話(例えば鮑の養殖など)や地域の歴史などと、勉強の日々でした。

そして何より、『人との繋がり』の大切さを改めて認識しました。

人は、一人一人歩み方がそれぞれです。

暮らしている環境も違うため当たり前ではありますが

だからこそ、一緒に何かをする(=今回で言えば…はじめて出会い、一緒にご飯を食べ、話をして、活動する)ことで得られる価値観があります。

同じ時を過ごす中で、

「自分ももっと頑張らないとな」と感じる瞬間が、

この活動の中で何度もありました。

それは、自分にとって良い刺激であり、今後の人生の糧にしたいと思いました。