【諏訪之瀬島コース最終日!】

とうとう最終日になってしまいました。

フェリーが9時20分に来るのでそれまでお世話になったコテージの掃除をみんなでしました。

最後にフェリーに乗り港からの景色を見ると島を離れてしまうんだなという実感と1週間の思い出が湧いて来て涙が出そうでした。

鹿児島からフェリーで9時間かかる諏訪之瀬島には簡単に行くことは出来ません。その分、別れは辛かったです。

けれど、港から手を振って見送られるという別れも離島の魅力なんだと思います。

今回の体験で個人的に最も想像を超えていたことは、島の子どもたちのあいさつの礼儀正しさ、上級生の下級生に対する優しさです。

これは、島の学校がいいのか、生活環境がいいのかわからないですが、教育することに適した場であると思います。

離島留学という制度もあるので、島出身でなくても通うことが出来ます。実際に私たちがいる間にも転校生がやって来たようです。

鹿児島に着いてからはみんなで鹿児島の名物を食べに行きました。

この1週間本当に濃い時間を過ごすことができました、今回の出会いを大切にしようと思います!

村おこしボランティア【諏訪之瀬島コース】の参加者