宝島ボランティア7日目は、バナナファイバーの繊維取りと、それを乾燥させたものを4cmに切る作業をしました。

その作業では、それを機械に入れて繊維にする人とバナナの木に切り込みを入れて、その皮を1枚ずつ分けていく人に分かれて、効率よくできました。

バナナの繊維取りは機械がなかった頃は手作業で行っていたそうで、同じ作業をしても、1日で2束しかできなかったそうですが、機械のおかげで半日でも10束も出来るようになったそうです。

個人的な感想ですが、みんなの笑顔が日が経つにつれてたくさん増えたと思います。

あと3日でこちらでのボランティアは終わってしまいますが、ここで出会ったメンバーの絆が更に深まるといいなと思います。