今日は風が強く、朝から天気があやしかったので、午前中は農作業をせず、竹内さんに島内の観光に連れて行っていただきました!

昔の港から始まり、鍾乳洞、南国フルーツの畑、放牧場、子牛の牛舎、展望台などを見て回りました。宝島はサンゴが堆積してできた島だそうで、大きな鍾乳洞がいたるところにあるそうです。

また、宝島は黒毛和牛の子牛の生産が盛んだそうで、放牧場はまるで牛のサファリパークのようで楽しかったです。生まれたての子牛も可愛かったです。展望台からは綺麗な海と豊かな緑に囲まれた島の風景が一望できて格別でした。

この日春一番が吹いたようで、南からの湿った風が吹き荒れて午後は雨が降ってしまいました。予定していた島らっきょうの収穫作業ができなくて残念でしたが、代わりに竹内さんの書庫を漁らせていただき、読書に耽りました。天候に合わせて柔軟に対応する生活が島らしい暮らしだなと思った一日でした!