午前が雨だった為、子供二人のお守りをすることに。

子供がめちゃくちゃ元気で、枕投げをして遊び。楽しくて、雨が降っていることを忘れました。

昼になっても雨が止まないので、リビングでギターを引きながら皆で歌を熱唱して楽しみました。

夜には、雨も止んでおり、島の人達と一緒に浜辺の小屋でBBQをしたり、宝島の昔話を聞いたり、子供達と一緒に花火をして、一足早い夏を謳歌しました。

今日の夜中5時に宝島を離れてしまうことを思うと、すごい名残惜しいです。一生忘れられない1週間になりました。


村おこしNPO法人ECOFF