13時間の船に揺られ、やっと上陸した宝島。厚い雲が島中にかかっており、天気は雨だった。シェアハウスに着いてオリエンテーションの後、繊維工房に案内して頂いた。バナナの繊維を使った和紙や帽子、1年で1着しか作れないほど工程が大変だという、今はもう作られてはいない着物などに驚きの数々だった。帽子などを手にとって触り、その頑丈さや美しさにバナナの繊維にもこんなに可能性があるのだという事実を知った。雨は降り続いていたけれど、コーディネーターのいさおさんが海へ連れて行ってくださった。水がとても透き通っていて綺麗だった。雷が鳴り始め、シェアハウスへと帰った。今日は初日で、これからの8日間を今はあまり想像できないけれど、8人で仲良く頑張っていきたい。私は明日の料理当番なので、朝頑張っておきる!明日晴れるかな〜YouTuber誰が来るのかな〜(笑)


村おこしNPO法人ECOFF