宝島8日目です。

本来であれば今日が宝島でのボランティア最終日です。

けれど、台風24号が迫っているため、明日30日の宝島から鹿児島港に向かうとしまフェリー2が欠航してしまいました….

次のフェリーの予定は10/1以降に確定するそうです。

さて、午前中は島内の見回りや台風対策をしました。

朝は少し風が強いかな、という程度でした。

そのため、お世話になっている竹内さんの子どもたちも一緒に海の様子を見に行きました。

海を見渡すと、台風の影響で波がとても高くうねり、迫力がありました。

凄い….!と同時に、怖い….と感じました。

思わず言葉を失うほどです。

宝島が暴風域に入ると想像を絶するほどに波が高くなるそうです。

島内の見回りが終わった後、私たちが使用させていただいてるシェアハウスの台風対策をしました。

窓を厚みのある板で覆ったり、外に置いてある物を全て家の中に取り込んだりしました。

私は台風の影響が少ないとされる大阪に住んでいますが、ここまでしっかり台風対策を行ったことはありませんでした。

宝島の台風は私の地元と比べ物にならないくらい危険だと思いました。

しかし、その分みんなでしっかり対策をとるため、外出しない限り安全ともいえます。

また、水道が止まったときのために、お風呂に水を張ることも忘れずに!

夜にはついに停電したので、持参した懐中電灯が活躍しました。

無事に台風が過ぎ去った後も掃除などの作業があります。

島で暮らすには住民みんなで協力・分担し助け合うことが重要だと改めて実感した1日でした。