8日間の宝島での生活もついに最終日を迎えました。

午前中は活動せずに午後から8日間お世話になったシェアハウスを掃除しました。

その後、世話人の方や島の人たちとピザパーティをしました。ピザ窯で焼き屋外で食べるピザはとても美味しかったです。

パーティの途中皆、もう宝島での生活が終わってしまうのか、まだ滞在していたいなあと名残惜しさを感じていました。

宝島での生活、作業はとても楽しいものでした。もちろん農作業ではとても体力的にきつかったり、地道な作業に飽きてしまうこともありました。しかし、徐々に宝島のことや宝島での生活の良さ、島の人たちの温かさを知ることができ、皆とても楽しんでいました。

私たちが普段生活している環境とは異なるところがたくさんある宝島での生活はとても刺激的なものです。たとえはっきりとしたものが得られなくとも、確実の価値ある経験でした。

今回この日程で宝島にボランティアとしてきた参加した仲間たちとの出会いも、とても貴重なものでした。皆で楽しく過ごし、時に深く話すのはとても面白かったです。またこの宝島に戻ってきたいと思いつつ、決して忘れることのない宝島の思い出を胸に、皆それぞれの生活に戻って行きます。