宝島の食に大満足!!

今日は午前と午後ともにらっきょうの肥料撒きをしました。農家によって、同じ野菜や果物でも肥料の分配や撒き方や栽培方法が異なり、それは農家のこだわりや消費者のニーズに応えるためであったりと、農業の奥の深さに驚きました。

また、ビニールを突き破って生えてくる雑草もありました。雑草は根までしっかりと取らなければ、また生えてきてしまうので、地にがっちりと固めらてた雑草を取るのは時間がかかりました。

農業は地道な作業も多く、体力と根気が必要です。それはまるで取ってもまた生えてくる雑草のようで、私たちも今回のボランティアの農作業を通して少しは根気強さをつけられていると実感できてきた6日目になりました。

土曜日ということもあり、島の小学生が学校が休みなので、子供たちとも遊びました。鬼ごっこをして遊んだのですが、一緒になって、無我夢中に走り、自分の幼少期を懐かしく思いました。子供たちの元気さにパワーをもらった気がします。

皆さんは長命草を知っていますか?

長命草は1枚につき、1日寿命が伸びると言われています。海岸に生えているのをみんなで採集しました。そして、夜食は長命草の天ぷらとトビウオの焼き物をいただきました。宝島の食を存分に堪能することができ、大満足でした。

折り返しの6日目を終え、残り4日。明日は雨予報ですが、引き続き7人で力を合わせて頑張っていきたいと思います!