今日が最終日の予定でした。

そのため、昨日は今までの振り返りを含めて、参加者ののメンバーとたくさん話しをし、最高のメンバーで貴重な体験ができたことをみんなで共有することができたので、寂しいと感じながらも、今日は船が予定通り出てそれぞれの場所に帰ると思っていました。しかし、海が荒れていたため船が出港できなかったので、予想外の出来事に驚きました(笑)船が出港できず、2日後に帰ることになったため、時間を有効に使えるように今後のスケジュールの話し合いを行いました!また、今日は島の子ども達が遊びに来てくれたので、一緒に遊びました!

最初は1歳の子どもを預からせていただいたのですが、警戒されてなかなか懐いてもらえず、難しいと思いました。しかし、外で遊んでいる時に会った島の人は、自然に声をかけられていて、子どもも手を振って応えていたので、すごいなと思いました。

その後、島の小学校の子ども達とは、鬼ごっこや缶蹴りを一緒にしました!とても人懐こくて、遊び方やコツを教えてくれました。初めて会った日から長い時間が経っていないのに、人見知りもせずに私達に色々なことを教えられるのは普段から色々な世代の人と交流があるからだと感じ、島ならではの良いところだと思いました。

世話人である晋作さんから、子どもを近所の人が預かってくれるという話を聞いたり、今日の出来事を通して、竹島には子育てをしやすい環境があり、竹島は子どもにとっても良い影響を与える場所であるように感じました。一方で、子どもの数が減ってきていたり、留学生として来ている子どももいたりして、長い休みに子どもが島にいないことも多いので、遊ぶ友達が少ないのは寂しいのではないかと、晋作さんに教えていただきました。私は、今までそのような経験をしたことはなかったので、そのような見方もあるということに気づくことができました。

朝、船が出港できないと知った時には予定通り出港できると思っていたので、残念な気持ちもあったけれど、船が出港できなかったおかげで、多くのことを学ぶことができ、貴重な1日になったように感じます。

船が明後日、出港する予定なので、素敵な仲間と竹島で過ごす1日を有意義なものにできるようにしたいです!


村おこしNPO法人ECOFF