今日は棚作りや竹細工に島巡り、そして竹島中学校でのバスケットボール実習をしました。

午前中は、世話人の山崎さんのお家の棚にもう一段取り付けるという作業をしました。たった一段取り付けるだけでしたが、初めてのDIYだったので、とても難しく感じました。棚のサイズを図り、それに合う板を探し出し、ノコギリで切って水平に釘を打つという全ての工程が難しかったですが、出来上がった時は達成感が感じられました。これからの生活の中でも、すぐに業者に頼らず自分でどうにかするということに繋がると思うので、忘れずにしようと思いました。

午後は島巡りと竹細工の続き、そして竹島中学校でのバスケットボール実習を行いました。ボランティアメンバーの中に体育の先生を目指すバスケ選手がいたので、竹島中学校の4人の生徒にバスケットボールの教育実習を行いました。こんなに少人数の授業に参加するのは初めてでしたが、生徒1人1人に細かい指導が行き届くところがとても良いと思いました。こちらも緊張しましたが、生徒も温かく迎えてくれ、授業を楽しんでくれたので貴重な経験となりました。

また、島巡りでは樹齢300年のガジュマルの大木にぶら下がったり、聖神社に行ったり、より深く島を知ることができました。山崎さんに一眼レフカメラの使い方を教えていただき、島の風景を撮影するのがとても楽しかったです。