午前中はみんなで今後の活動の話し合いをしました。島の方々との交流会を開催するにあたり、なぜ(why)誰と(who)何で(what)どこで(where)どのように(how)交流するかを考え企画書にまとめました。みんなそれぞれのやりたい事、理想としているものが少しずつ異なるなかでのこの話し合いはとても難しく、話が行き詰まる場面もありましたが、それぞれがしっかり意見を発信して互いを受け入れることができたためにとても有意義な話し合いになりました。

午後は小中学校のお昼休みにお邪魔して生徒さんたちと鬼ごっこをしました。校庭全面を使った合計11人での鬼ごっこはとても楽しく、汗だくになりながらみんなで走り回りました。また生徒さんたちは初対面に近い私たちにも人見知りをせず、ニコニコと挨拶をしてくれたり「遊ぼう!」と言ってくれたおかげで私たちも素のままに楽しむことができました。

その後は水道メーターの確認まわりと塩づくりに取り組みました。塩づくりでは港まで海水を取りに行き自分たちで一から塩を作るという体験をしました。

そして夕方には、島の方に頂いたアカボウを自分たちでさばき、食べるという体験もさせて頂くことができました。

夜は午前中に企画をした島への留学生の家となる里親さんのお宅へお邪魔させて頂き、里親さんから貴重なお話を聞かせてもらいました。初めて企画をした島の方との交流会では沢山の質問や疑問を答えてもらうことができ、島のことを知る第一歩になったのかなと思います。

今日も盛りだくさんの活動でとても充実した1日となりました。明日の活動も一つ一つ丁寧に真剣に取り組み、充実した1日にしたいです。


村おこしNPO法人ECOFF