種子島ボランティア、活動最終日でした。

最後にお世話になった家の掃除をし、延期されていたロケットの打ち上げをみました。起きることから、全てが最後でさみしい気持ちでいっぱいの一日でした。

個人的には、ロケットの打ち上げを見るために種子島に来たと言っても過言ではないレベルだったので、打ち上げが成功したときにはとても感激しました。小さいロケットかもしれないけれど、ロケットに関わった人たちの気持ちが考えられないほど詰まっているロケットです。また、ロケットを通してという点でも種子島がもっと知られてほしいと思いました。

初めてこのような体験ボランティアに参加して、人の温かさを顕著に感じました。たった1週間強しかいない、どこから来たかもわからないような私たちに優しく声をかけて、気にかけてくれる島の人たちは本当に優しいなと思いました。

作業をしたり、観光をしたりも楽しかったですが、島の人たちとお話しして笑い合う時間が一番でした。いつでも来てねと言われるのがとても嬉しかったです。

わたしたちの活動はまだまだこれからです。自分たちが体験したことや種子島の良さを周りの人たちに伝え、種子島をもっと活性化させることこそ、一番の活動です。

最後になりますが、種子島の方々、世話人のお二人、C日程メンバー、本当に10日間ありがとうございました!


村おこしNPO法人ECOFF