種子島生活の2日目です。今日のメインは種子島の高校生たちの交流でした。では早速…。

まず起きて炊事、掃除、洗濯するところから1日は始まり、発表の準備を少ししてから高校へ出発しました。この時はみんな緊張したり、不安だったと思います。

午前中は、全校生徒の前で大学や進路のことについてのプレゼン。事前に準備していた写真をもとにそれぞれが自分のことについての 話ました。中々皆んなぶっちゃけたのでリアルの生活が伝わったはずです。いい意味でも悪い意味でも。初めはビビってましたが話しているうちに楽しくなりました。

そして、お昼。高校生がプロデュースしたお弁当を食べました。地元の食材がいっぱいでどれも美味しいので幸せです!カメラを向けられながらの食レポは人生で最初で最後でしょう。ちょっと照れました。

午後も高校生との交流は続きます。

まずは海岸でごみ拾い。しっかりと種子島の海を見たのは始めてだったんですが、写真で見た景色の何倍も綺麗。これは本当に自分の目で見ないと感じれません!

しかし、それと同時に所々に落ちているゴミを見ると悲しくなります。自然の美しさと環境問題を同時に体験した時間でした。

そして、最後は今日一緒に活動してきた高校生とグループワークをしました。生徒一人一人がしっかりと自分の住んでいる地域について考えを持っていて凄いと素直に思いました。協力し考えて行く中でいい話し合いができました。種子島の高校生は熱いです!

なかなか盛りだくさんの2日目。明日も楽しみです!