種子島での生活も3日目に突入しました。今日は地元の高校生がプロデュースする観光ツアーに行ってきました。

まず訪れたのは雄龍雌龍の岩屋。夫婦が生まれ変わり、岩となった伝説はロマンチックだと感じました。2つの岩の間から見える夕日は素晴らしいと聞いたのでぜひ見てみたいと思いました。

月窓亭、種子島開発総合センター鉄炮舘では、火縄銃や鉄砲の仕組み、日本へ持ち込まれた経緯などを知ることができました。実際に両手で持った火縄銃はやはり重く、これを持参して戦っていた人達の体力がとてもあるな、と思いました。

そして、幸運なことに、私たちは延期になっていたロケット打ち上げを見学することができ、カウントダウンが始まった時は緊張と期待で鳥肌がたちました。打ち上げはすごいと聞いていたけれど、空を斜めに上っていくロケットは想像を越えたワクワクした気持ちになりました。

マングローブパークでのカヌー体験は転覆の心配をしていたけれど、思いのほかスイスイ進むことができて気持ち良かったです。木に囲まれた川はジャングルのようで、よりカヌーを楽しめました。

種子島の自然や歴史に触れ、一生の思い出となる1日になりました。