今日の午前中は、牛の競りを見学させていただきました!

実際に、牛が目の前で売られていく姿を見るのは初めてでしたし、また、この競りは年に8回しか行われないというレアなことだと聞き、その場所に参加させていただいたことはとても嬉しく思いました。

実際に、ボランティアの私たち6人も、牛を引っ張るという貴重な体験もしました。

ここでは、農家の方が、優しく丁寧に牛のことや競りのことを教えてくださいました。そのため、新たな発見や、驚きの連続でした。

このボランティアでは、私たちが普段暮らす中で出来ないことがたくさん出来ます。

また、その中で得られていくことも多いです。沢山のことが出来ることに感謝し、種子島の人々と積極的に話しながら、自分の成長へ繋げていきたいと思います。