タンカンから島を知る

今日はたんかんの草払い作業を行いました。強い日差しが照りつける中での作業でしたが、払い終わった時のスッキリした景色を見て疲れが吹き飛びました。

種子島は年間の平均気温が高いため、長期間雑草が生えやすいと聞き、かなりの労力が必要だと感じました。ボランティアの方の協力や機械の向上がないと厳しい状況になってしまうかもしれません。草払い1つにしても島の様々な問題点が見えてくることを学びました。

夜はソフトバレーボール大会に参加し、島の方々と交流を深めさせていただきました。みなさんとても元気で怪我人が出てしまうほどの全力プレーでした。残りの日程も島の方々に感謝されるような行動を参加者全員で心掛けていきたいです。