こんばんは、C日程の須長翼です。

今日は種子島の自転車レースのお手伝いを行いました。

慣れない作業で戸惑うこともありましたが、みんなこれまで得た経験を活かし、主体的に動いてくれたいたと思います!

これからは、今までの経験や、村の人との会話を活かし、自分の意見を持ち、自信を持って受け入れの農家さんなどに提案してほしいと思います。(間違っても全く問題ないよ!)

私自身、実際に種子島に来て、国産の農家さんの置かれている立場や今後、生き残っていく方法など、受け入れ農家さんの意見を実際に聞き、私自身に出来ることを考えるようなりました。

ボランティアで来た私達にとって、出来ることは、ボランティアした以降のことが多いような気がしてます。

各自、今回の経験を活かして行動又は自分にとっての、貢献を考えることが出来たら、それも立派な村おこしの1つだと思います。

なので、これからは自分の経験のためのみならず、種子島のこと、日本の農家さんのことを考えて、自分の考えや意見を持って欲しいと思いました。

私は、今回集まってくれたメンバーや受け入れ農家さん、種子島の人達が大好きです。

種子島の事に少しでも力になる事が出来るのであれば、何でもします。

そんな気持ちになれたのも、一緒に作業してくれる仲間や、協力してくれる人達のおかげだと思います。

残り少ない日数になってしまいましたが、初心を忘れずに、今まで以上にひたむきに頑張りましょう。

本当にみんなが大好きです。


村おこしNPO法人ECOFF