島生活が始まり5日目、朝早く起き自炊するこの生活にもだんだんと慣れてきました。

今日の作業は子牛の餌やりと安納芋の仕分けでした。作業をしながら島の受け入れ主の方から、島の生活や仕事についてのお話を聞かせていただき、東京での生活では得られないような価値観や人生についての素敵な考え方を知ることができました。

また、牛の人工授精に初めて見させていただいたのですが、牛の肛門に手を突っ込んで排泄し大きな注射器のようなものでタネづけをする光景は衝撃的でした!めったに目の当たりにできないものに立ち会えたことに感謝です!

夜は地元の高校生たちとの交流会ということで夕食を共にしました。高校生たちの受験の悩みや大学生活に関する疑問に答えたり、逆に彼らからは種子島の事を色々と教えてもらったりと有意義な会になりました。自分もわずかながら先輩としてアドバイスができたと思います!

もう日程の半分が終わり折り返しだと思うと既に寂しさが感じられるくらい、メンバー達とも仲が深まり、種子島のことも好きになった5日間となりました!

後半の日程も瞬間瞬間を大切に過ごしていきたいです!